屋根塗装による雨漏り修理

subpage01

屋根塗装の塗膜が正常に機能しているだけでも、雨漏り予防の効果は大きいです。

実際に雨漏りが発生してしまったら、なるべく早くに工務店に連絡して雨漏り修理をしてもらいましょう。

MBSニュース関連のノウハウを解説します。

屋根塗装を実施してから十年以上が経過している場合は、再塗装も含めて屋根の施工を多角的に検討しましょう。雨漏り修理の基本は、隙間を塞ぐことです。
長年の経年劣化で発生してしまっている亀裂や隙間を塞げば、雨水は入れなくなるからです。亀裂や隙間の多くは、塗膜の劣化が原因の場合が多いのも見逃せないポイントです。
雨水が入ってくる亀裂は、塗膜の表面の亀裂が多いからです。塗膜は自然現象として劣化しますので、時期が来たら再塗装するのが基本です。



塗膜の劣化を放置してしまうと、屋根材にダメージ箇所がなくても、雨漏りが発生してしまう可能性が出てきます。

塗膜の亀裂で雨漏りすると、屋根材にもダメージになります。

傷んでいる箇所があれば修繕を行い、修繕した箇所を保護するためにも塗装をするのが流れです。
新しく塗装をすると、小さな孔や隙間は自然に埋まってしまいます。

雨漏り修理の喜びの声を頂いています。

雨漏り修理のために施工すると言うよりも、建物を保護するために塗装して、その結果として雨漏り予防にもなっていると理解すると良いでしょう。

雨漏り修理が必要になってしまった場合は、前回の塗装年月日と使用した塗料を確認してみましょう。場合によると、再塗装したほうが良い時期になっている可能性があります。
再塗装と雨漏り修理を同時に考慮しつつ施工してもらえば、雨漏りの再発防止にも効果的です。