屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは

subpage01

築20年や30年以上の家に住んでいると、気付かないうちにあちこちが傷んでいるので、台風や大雨のときに雨漏りがすることがあります。

水がぽたぽたと落ちて来るまではいかないけれど、天井にシミが出来てしまうというときは、早めに業者を呼んで、修理してもらわなければなりません。屋根の劣化などで雨漏り修理が必要になったときは、すぐに工事の契約をするのではなく、まずは見積もりをしてもらい、詳しい状況を説明してもらうことが大切です。

屋根の形態にもよりますが、雨漏り修理の範囲が狭く、瓦のズレやひび割れを少し補修するだけで済むなら、20万円〜50万円ほどが相場になります。

屋根の雨漏り修理は足場を組まなければならないので、簡単な工事であっても費用は意外と高くなります。



一部分ではなく、全体の取り換え工事が必要となると、防水処置を施したり、新しい屋根材を重ねなければならないので、雨漏り修理の費用は100万円〜150万円ほどになるでしょう。葺き替え工事の場合は、下地ごと交換しなければならないので、100万円〜200万円ほどはかかるといわれています。

世の中には必要のない工事まで行って、高額の修理代を請求する業者もありますから、どう考えても相場より高い場合は、別の業者に見積もりを依頼するようにしてください。

コトバンクの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

まずは業者に連絡して、屋根の雨漏り修理の見積もりを依頼し、料金や説明に納得することが出来たら、工事を依頼するようにしましょう。

よりシンプルさを追求した雨漏りの修理情報をお伝えします。

生活入門

subpage02

屋根塗装の塗膜が正常に機能しているだけでも、雨漏り予防の効果は大きいです。実際に雨漏りが発生してしまったら、なるべく早くに工務店に連絡して雨漏り修理をしてもらいましょう。...

NEXT

最新情報

subpage03

築年数が経過して古くなってしまっている屋根を雨漏り修理するときは、屋根材を傷めないように配慮しながら施工してもらう必要があります。新築間もない一戸建てならば、屋根材も新しくて丈夫ですから、どのような施工業者に依頼してもトラブルが発生しにくいです。...

NEXT

納得の事実

subpage04

雨漏り修理のときに覚えておきたいのが、自宅の屋根材を正確に把握できるかどうかです。屋根材は種類があります。...

NEXT

身になる知識

subpage04

住宅の屋根から雨漏りが起きた場合には雨漏り修理を依頼することになりますが、これは必ず専門業者に依頼をした方が良いです。現在だといわゆる何でも屋のような事業者も修理を請け負うようになっていますが、そういった業者はスペシャリストではありません。...

NEXT